伊丹市昆虫館

おしらせ

伊丹市昆虫館研究報告をJ-STAGEに公開しました

2019.11.13

J-STAGE(ジェイ・ステージ)は、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)が運営する電子ジャーナルの無料公開システムです。2019年11月11日に、伊丹市昆虫館研究報告をここに公開しました。これまで刊行した7号までの記事をすべて公開しており、今後は新しい号ができるたびに公開していく予定です。
以下のアドレスからご覧いただけます。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/itakon/list/-char/ja

ヨナグニサンが羽化しました(11/4)

2019.11.06

日本最大のガ、ヨナグニサンが11/4(月)に羽化しました。大きなメスです。
特別展「琉球列島」(1階特別展示室)にて生体展示しています。
※成虫の寿命は1週間程度です。

企画展「アルマス〜ファーブル先生のひみつ基地〜」11月7日(木)より開催

2019.10.31

       
企画展「アルマス〜ファーブル先生のひみつ基地〜」
L’HARMAS, Secret Base of J. H. FABRE

 元号が変わり新しい時代が始まる「今」だからこそ、昆虫界のレジェンド、そして昆虫少年たちの永遠のヒーロー“ジャン=アンリ・ファーブル”と彼が心血を注いだ“昆虫記”に注目すべきです。ファーブルの持つ果てしない好奇心、自由な心と強い信念、感受性の鋭さと想像力の豊かさは昆虫記という形で結実し、今もなおその輝きが褪せることはありません。そしてファーブルが貫徹した「自らの手で試し、目で確かめる」という姿勢こそ、今の時代に求められる「生きる力」ではないでしょうか。今回の企画展では、ファーブルの研究所で生きた昆虫館でもあった“アルマス”を中心に、ファーブル昆虫記の魅力を新たな視点で紹介します。昆虫記を読んだことがある人もない人も、ぜひ足をお運びください。

会期:2019年11月7日(木)~2020年1月27日(月)まで
場所:2階第2展示室

企画展ポスター・チラシ(PDF)

11月6日(水)2階第2展示室を閉鎖します。

2019.10.31

11月7日(木)から開催される、企画展「アルマス〜ファーブル先生のひみつ基地〜」の準備のため、11月6日(水)は2階第2展示室を終日閉鎖いたいます。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

プチ展示「日本の伝統色と昆虫」11月6日〜

2019.10.31

日本の自然や文化の中で育まれ、わたしたち日本人に長く親しまれてきた様々な伝統色。昆虫たちの中には、日本の伝統色を身にまとったり、色が名の由来となっているものも数多く存在します。今回の展示では、昆虫たちに見られる日本の伝統色に注目しました。ごく一部ではありますが、昆虫を通して日本の自然の豊かさと多様性を感じていただければ幸いです。

会期:2019年11月6日(水)2020年1月13日(月祝)

場所:2階学習室

料金:入館料のみ

特別展「琉球列島 -生物多様性の宝庫-」 7月24日から12月23日まで

2019.07.16

特別展「琉球列島 -生物多様性の宝庫-」

琉球列島とは、九州南端から台湾の間にある、約1,200kmにわたって弓状に連なった大小約200の島々のことを指します。
現在より数千万年前、ユーラシア大陸の一部だった琉球列島は、やがて大陸と海で切り離され、複雑な過程を経て現在の島々になりました。
このため、そこに息づく野生生物たちには固有種や希少種がとても多く、まさに「生物多様性の宝庫」なのです。

今回の展示では琉球列島の生物多様性を紹介するため、固有種たちの標本・生体・画像がたくさん登場します。
昆虫・動物写真家 湊和雄さんの写真展も同時開催します(~9/2まで)。

会期:2019年7月24日(水)から12月23日(月)まで
場所:伊丹市昆虫館1階特別展示室、2階第2展示室ほか

展示内容・期間中のイベント情報(PDF)

 

新メールアドレスについて

2019.04.03

伊丹市昆虫館のメールアドレスが変更となりました
新しいメールアドレスは次のとおりです。

itakon@itakon.com

イモムシベンチにすわろう!

2019.04.03

虫さされ薬の「ムヒシリーズ」で知られる株式会社池田模範堂から、イモムシベンチを伊丹市昆虫館に寄贈いただきました。アゲハとアオスジアゲハの幼虫をそれぞれ精巧に模した芸術品です!この2匹の巨大イモムシは、1階特別展示室にてみなさまをお待ちしております。座って記念撮影をお楽しみください。

TOP