伊丹市昆虫館

おしらせ

シンポジウム「絶滅しそうな昆虫を守るために」のオンライン開催について【12/19開催】

2020.11.29

新型コロナウイスの感染拡大防止のため、12月19日に日本チョウ類保全協会と共催で実施予定のシンポジウムを、オンライン開催に変更いたしました。参加は無料ですが、下記のリンクから事前にご登録いただく必要があります。「生物多様性を守るには私たちはどうすればよいのか」を考える有意義なシンポジウムになりますことを期待しております。皆様のご参加をお待ちしております。

名称:オンライン シンポジウム「絶滅しそうな昆虫を守るために」

主催:伊丹市昆虫館、認定NPO法人日本チョウ類保全協会
日時:12月19日(土) 13:00 ~ 17:00 ※12:30より入室可能
参加費:無料。事前申し込みが必要です。
参加方法:
【Web 申込】 下記のリンクより、お申込みください
 ⇒  https://zoom.us/webinar/register/WN_fCeyQUi_SO6Q2sj6n0L0RA
その他:当日、伊丹市昆虫館1階映像ホールでシンポジウムの様子を大画面に投影します。ただし16:30の閉館と同時に終了予定です。

※シンポジウムの詳細については、ポスターもあわせてご確認ください。

プログラム:
13:00 開会の挨拶   奥山清市(伊丹市昆虫館 館長)
13:10 「昆虫館における絶滅危惧昆虫の生息域外保全活動」
    1) フサヒゲルリカミキリ、オガサワラハンミョウ、フチトリゲンゴロウについて   
            田中 良尚 (伊丹市昆虫館 学芸員)
    2) ウスイロヒョウモンモドキ、ツシマウラボシシジミについて
           清水 聡司(箕面公園昆虫館 副館長)
14:00 「アリと共棲するチョウの保全を考える」
           上田 昇平 (大阪府立大学 大学院 生命環境科学研究科 准教授)
15:00 「チョウの個体数の近年の推移」
    1) 日本における絶滅危惧種の現状
           中村 康弘(日本チョウ類保全協会 事務局長)
    2) 普通種もいなくなる? – モニタリングサイト 1000 里地調査の結果から –
           石井 実(大阪府立大学 名誉教授)
16:25  質疑応答
16:55  閉会の挨拶   松村行栄(日本チョウ類保全協会 代表理事)



一覧へ戻る

TOP