伊丹市昆虫館ホーム > 展示室 > 生態展示室 > 生態展示室の裏側−昆虫飼育室

生態展示室−生態展示室の裏側−
 

生態展示の裏側 生態展示の裏側の画像
左側の透明の四角の箱が各々の展示ケースで、中に昆虫が入っています。このケースはアクリル製で、固定されていないので、いつでも交換できます。展示面はさらにガラス窓があるので、来館者がたたいたりしても虫が驚くことはありません。上部にふたがあり、毎朝そこから世話をします。
飼育作業 飼育作業の画像
飼育作業は一年中休みなくおこなっています。職員が各々の昆虫を観察しながら飼育し、繁殖させています。
毎日、およ14時〜15時ごろにおこなっていますので、生態展示室からもその様子をごらんいただけます。
飼育室(1) 飼育室1の画像
生態展示室の裏側に昆虫の飼育室があります。生態展示の昆虫の調子が悪くなっても対応できるように、多くの昆虫を飼育しています。
現在、40種2500匹ほどの昆虫を飼育しています。
飼育室(2) 飼育室2の画像
ナナフシなど樹上にくらす昆虫たちは、特製のたて型ケースで飼育しています。
インキュベーター インキュベーターの画像
インキュベーターとは、人口気象器のことです。時間ごとの温度管理をおこなえる機械です。

飼育室とは異なる環境が必要な場合に、この機械の中で飼育します。


前のページへもどる 昆虫館トップページへ  


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.