伊丹市昆虫館ホーム > 虫の世界 > 旅をする昆虫たち > アキアカネ
アキアカネのマーキング調査
アキアカネのマーキング調査地図

 山に上ったアキアカネが、いつどんな風に山から下りてくるのか?ということを調べるために、1983・84年に栃木県日光で、大規模なアキアカネのマーキング(印づけ)調査がおこなわれました。

 暑さをさけるために山(日光)にいるアキアカネのはねに、マジックで印を付けて、山から下りるときに分かるようにしたのです。その結果、2年でおよそ9000匹にマークしたうち、20匹が平地で確認されました。その中には、何十キロ先まで飛んだトンボもいたのです。

マークしたアキアカネの再発見地表(1983年)
マークしたアキアカネの再発見地表(1984年)


アキアカネ | アキアカネの一生 | マーキング調査 | ウスバキトンボの旅