伊丹市昆虫館ホーム > 虫の世界 > 秋の鳴く虫展 > 中国の鳴く虫文化 > 中国風鳴き声の楽しみ方
中国風鳴き声の楽しみ方
カゴ入りキリギリスの流し売りの画像
カゴ入りキリギリスの流し売り
飼育・とうしつ用品売り場の画像
飼育・闘蟋(とうしつ)用品売場


中国で鳴き声を楽しむ虫は、スズムシ、クサヒバリ、キリギリスなどです。これらは市場で売っています。

 キリギリスなどはカゴで、スズムシなどは小箱で売られています。キリギリスはカゴのまま、スズムシなどは小箱、コオロギは素焼きの入れ物「罐(かん)」で飼い、鳴き声を楽しみます。

ヒョウタンでできた鳴く虫を入れる容器の画像 とくに面白いのは、ヒョウタンでできた容器です。人々は冬に、この容器にコオロギやキリギリスを入れ、ふところにいれて持ち歩くそうです。そうすると体のぬくもりでコオロギは暖まり、同時に歩きながら虫の声を楽しむことができるのです。


前のページへもどる 昆虫館トップページへ  


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.