伊丹市昆虫館ホーム > 虫の世界 > 秋の鳴く虫展 > 中国の鳴く虫文化 > コオロギ、おいしい?
コオロギ、おいしい?
食材として使われるタイワンオオコオロギの画像
食材として使われるタイワンオオコオロギ。
これらの写真は、台南でのものです。
コオロギを素揚げしているの画像
コオロギを揚げる油でそのまま揚げる、
いわゆる「素揚げ」にします。
市場で売られているタイワンオオコオロギの画像
市場で売られているタイワンオオコオロギ。
大根やサツマイモが、コオロギの口から入れられています。
出来上がったコオロギ料理の画像
出来上がったコオロギ料理「炸大蟋蟀」
台湾の鳴く虫料理


 昆虫は昔から、世界の多くの国々で食べられてきました。鳴く虫では、コオロギのなかまが中国や台湾、ビルマなど主に東南アジアの国々で食べられています。

 ここでは、台湾で食べられているコオロギ料理を紹介します。台湾ではタイワンオオコオロギという、日本のエンマコオロギより大きな種類のコオロギが、市場で食材として売られています。油で素揚げにすると、とくに味もなくサクサクしているそうです。台湾ではいわゆる珍味として食べられています。

前のページへもどる 昆虫館トップページへ  


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.