伊丹市昆虫館

おしらせ

昆陽池公園調査をおこないました【2020年10月1日】

2020.10.16

10月1日(木)午後1:00~2:00
昆虫館周辺ビオトープ~ふるさと小径~昆虫館入口のコースで昆虫調査を行いました。

セミの声もしなくなり、コオロギやカネタタキが鳴いていました。
まだ、日差しは強いものの調査しやすい気温になりました。渡り途中のアサギマダラが素早く横切っていきました。追いかけましたが追いつけませんでした。

余談ですが、先日9月20日におこなわれた「タカの渡りの観察会」当日は渡りの数が少なかったのですが、その後は毎日数百羽のサシバ、ハチクマの渡りが確認されたようです。今週末はぎりぎり観察できるかもしれません。(昆陽池公園草生地広場での観察がおすすめです)肉眼ではほぼ見えませんが、昆陽池公園上空をタカが渡っているのだと思うと嬉しくなりますね。

●観察された昆虫

<チョウ目>アサギマダラ、アゲハ、イチモンジセセリ、ヒメジャノメ、ヤマトシジミ

<コウチュウ目>キイロテントウ、ヒメカメノコハムシ

<カメムシ目>クモヘリカメムシ、アメンボ

<ハチ目>コガタスズメバチ、トビイロケアリ

<バッタ目>カネタタキ(声)、ツヅレサセコオロギ(声)、エンマコオロギ、ヒメクダマキモドキ(幼虫)、サトクダマキモドキ、オンブバッタ

<トンボ目>マユタテアカネ、アオイトトンボ、ハグロトンボ

<その他の昆虫>
モリチャバネゴキブリ

<昆虫以外のいきもの>
ニホンカナヘビ、トビズムカデ、ダンゴムシ、ナミワラジムシ、オオミスジコウガイビル、コガタコガネグモ、マミジロハエトリ、ジョロウグモ

サトクダマキモドキ

ヒメジャノメ

マユタテアカネ

トビイロケアリの巣

マミジロハエトリ

コガタコガネグモ

オオミスジコウガイビル

ヒガンバナ(赤・白)

一覧へ戻る

TOP