伊丹市昆虫館

ブログ

簡易式吸虫管の作り方【昆虫採集の道具】

2024.06.08

吸虫管は小さな昆虫を採集するための道具です。アリやカスミカメのような小さな昆虫は、指でつまんで捕まえると、死んでしまったり弱ってしまったりすることがあります。
今回は、目の細かい金網をつけたアクリルパイプをシリコンチューブにねじ込んだだけの、簡易な構造の吸虫管の作り方を紹介します。

簡易式吸虫管の設計図

 

【材料】

シリコンチューブ 外径10mm 内径6mm 長さ1000mm
アクリルパイプ 外径8mm 内径6mm 長さ1000mm
ステンレス鋼製 金網 60メッシュ 200x300mm SUS304

 

 【作業手順】

アクリルパイプを切ります。長さは110mm-130mmくらいで、好みに合わせて調整するとよいでしょう。アクリルパイプは万力で固定し、パイプソー240(ゼットソー)のようなのこぎりで切ると綺麗に切ることができます。

アクリルパイプの切り口をヤスリで削り、凹凸をなくします。

金網を10mm×10mmくらいの大きさに切ります。使い古した工作用はさみなど”もうどうなってもいい丈夫なはさみ”を使って切るのをおすすめします。

切り出した金網とアクリルパイプを熱圧着します。一人用鍋のホットプレート部などでメッシュを熱し、そこにアクリルパイプを押しつけます。

金網とアクリルパイプに熱圧着したようす。メッシュとアクリルがしっかりついていることを確認します。

熱圧着した金網の、はみだし部分をはさみで切ります。

アクリルパイプをシリコンチューブにねじ込んだら完成です。チューブの長さも、好みにあわせて調整するとよいでしょう。

文・写真:長島聖大(伊丹市昆虫館 学芸員)

一覧へ戻る

TOP