伊丹市昆虫館ホーム > 展示室 > 第1展示室

第1展示室−大きくなった昆虫の世界−
 

大きくなった昆虫の世界(ジオラマ)
 小さな小さな昆虫の世界。目を近づけてみないと、つい見落としてしまいそうな小さな世界。でも、1本の木や草、そして林や水辺があれば、そこには、必ず昆虫のくらしがあります。
 この展示では、そのような昆虫とそのすみかを、10倍の拡大ジオラマで表現しています。どんな昆虫が、どんなところで活動しているか、よく調べてみましょう。
ジオラマの画像

ビッグ・ビー(2.4mの巨大なミツバチ)
 ミツバチは小さな昆虫ですが、200倍にすると、その体はとても複雑に、また機能的にできていることがわかります。ミツバチからみた昆虫のすみかは、どのように見えるのでしょうか。 ビッグ・ビーの画像


前のページへもどる 昆虫館トップページへ  


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.