伊丹市昆虫館ホーム > 展示室 > チョウ温室 > 温室で咲く花 > 平成19年1月3日

−温室で咲く花−

平成19年3月29日更新

サンジャクバナナ(バショウ科)
食用になるバナナの一種。温室に導入して以来、約3年ぶりに花芽をあげてきた。果実の収穫がたのしみだ。
ジャボチカバ(フトモモ科)
南米原産の木本植物。枝や幹に直接花が咲き、熟した果実は形・食味ともにブドウによく似ている。チョウ温室では久々の開花・結実となった。
サクララン(ガガイモ科)
「ラン」と名付けられているが、実はガガイモ科に属する蔓性植物。星形の小さな花が手毬状にあつまって開花する。オオゴマダラをはじめとするマダラチョウ類が好んで訪花する。
温室の植物はチョウの健康のため薬を使わずに管理されています。こちらで紹介中の花が病気や虫に食べられたりして、見ることができない場合や花の時期が終わってしまっている場合もありますのでご了承下さい。チョウ温室には200種類以上の植物が展示され、ここでは紹介しきれない程のたくさんの花が咲いています。お花が好きな方もぜひお越し下さい。


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.