こや池の主コブハクチョウ
飛ぶコブハクチョウの画像  いつも人気のコブハクチョウ。
もともとヨーロッパや中央アジアの鳥で、日本の野鳥ではありません。
 一年中こや池でくらしていて、こや池では毎日世話をしています。

こや池のコブハクチョウのひみつ

こや池のハクチョウはどこからきたの?の図 コブハクチョウのコブはどこにあるの?
コブハクチョウのコブの画像
↑写真の白いマルの部分にあります。
本物でたしかめてみましょう。


コブハクチョウのエサやり

コブハクチョウやカモたちへのエサやりは、
(社)伊丹市友会の人たちがおこなっています。
観察橋まわりの給餌池で、朝9時30分頃と午後2時30分頃の1日2回です。

コブハクチョウやアヒルのエサやりの画像
コブハクチョウやアヒルには、
パンと野菜クズを与えています。
カモのエサやりの画像
カモたちにはトウモロコシなどからできた
エサを、1日10キロ位与えています。

コブハクチョウの成長

こや池のコブハクチョウは、3月ごろに大きな巣を作ります。
ゴールデンウィークごろにヒナが誕生します。
抱卵の画像
4月 巣で卵をあたためる
ヒナの画像
5月 ヒナの誕生
若鳥の画像
9月 大きく育った若鳥
カップルの画像
3年目から カップル

前のページへもどる 昆虫館トップページへ  

伊丹市昆虫館企画展「カモん!こやいけ」ウェブページ
このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.