伊丹市昆虫館ホーム > 虫の世界 > 旅をする昆虫たち > アサギマダラ
アサギマダラについて

分布

アサギマダラは、東北や北海道(利尻島)でも採集された記録があります。しかし、冬を越すことができるのはずっと南の方で、栃木県以南の太平洋側とされています。(近畿では、和歌山県などで越冬が確認されています)。越冬は幼虫で行います。

食草

食草は、キジョラン、サクララン、イケマ、オオカモメヅルなどのガガイモ科植物で、伊丹市昆虫館ではツルモウリンカ(リュウキュウアサギマダラの食草に使用している)で飼育しています。

幼虫の画像
幼虫
サナギの画像
サナギ

オス・メスの区別

オスとメスは一見そっくりですが、オスの後ろばねの裏側には黒い点(性標)があります(メスにはありません)。マーキング調査の時などは、この性標をチェックすれば、かんたんにオスとメスの区別がつきます。


アサギマダラについて | アサギマダラの紹介 | 移動距離記録