伊丹市昆虫館ホーム > 虫の世界 > 秋の鳴く虫展 > 虫聴きをたのしむ
虫聴きをたのしむ
 鳴く虫の声を楽しむことは、平安時代ごろ貴族たちによって始められ、江戸時代になると、俳句などをたしなむ風流な人たちの間で鳴く虫の声を楽しむ「虫聴き」が行われるようになりました。人々は虫が鳴く中に座ったり、詩を詠んだり、または鳴き声をつまみにお酒を楽しんだりと、虫の声で安らぎを味わっていました。
 ここでは、昔から人気があった美しい声の鳴く虫たちを集め、みなさんに少しでも鳴き声を楽しんでいただけるように、夜の部屋にしました。腰かけにすわり、ゆっくり秋の夜のコンサートを楽しんで下さい。
スズムシの画像

スズムシ

鳴く虫といえばスズムシというくらい有名です。しかし、野生のものはこの辺りではまずいません。リーン・リーン・リーンと大きな声で鳴きます。
マツムシの画像

マツムシ

山ぎわの草原の、ねもと近くにいます。声はチッチリリッと金属的ですが、大阪ではこれを「てっちりり」と聞いて、そろそろふぐの季節だと言っていたそうです。
カンタンの画像

カンタン

クズやヨモギの葉の上ではねを立て、ルルルル・・・と鳴きます。そのうつくしい鳴き声から、「鳴く虫の女王」とよばれています。
クツワムシの画像

クツワムシ

伊丹の辺りにはほとんどいない虫です。草地にすみ、ガチャガチャガチャと、とても大きな声で鳴きます。ほかの虫の声をけしてしまうほどです。

クツワムシの声(2秒、 177キロバイト)
ウマオイの画像

ウオマイ

茂みの奥でズィーー・チッと高い声で鳴きます。また、肉食性が強く、他の虫をよく食べます。伊丹では少なくなりましたが、山あいでは今もよく鳴いています。
エンマコオロギの画像

エンマコオロギ

どこでも普通に見られますが、コロコロリリリと、とてもよい声で鳴きます。美しくもさびしげな鳴き声は、コオロギの声の代表です。

前のページへもどる 昆虫館トップページへ  


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.