伊丹市昆虫館ホーム > 虫の世界 > 秋の鳴く虫展 > 中国の鳴く虫文化
中国の鳴く虫文化
 日本だけではなく、おとなり中国でも千年以上昔から鳴く虫たちは人々に親しまれています。しかし、その楽しみ方は日本とはかなり違っています。日本ではスズムシを飼育し鳴き声を楽しむことが中心です。しかし中国では鳴き声を楽しむだけではなく、「闘蟋(とうしつ)」というコオロギ相撲もさかんに行われています。
 また中国では、鳴く虫の文化は子どもよりむしろ大人中心のものです。このことが、中国で鳴く虫の楽しみ方が様々に発達した原因なのでしょう。
 ここでは、そんな中国での鳴き声の楽しみ方と、コオロギ相撲、さらに食卓に並ぶコオロギの紹介をします。
中国風鳴き声の楽しみ方のページへ
とうしつ−鳴く虫の闘いのページへ
コオロギ、おいしいのページへ

前のページへもどる 昆虫館トップページへ  


このホームページの文章・写真等について、無断転載等を禁じます。
Copyright© Itami City Museum of Insects All rights reserved.